ー第320球目ー 年300日の奇跡!の巻

相性

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆帝王学と野球(ほぼ阪神ネタ)Kindle版はこちら◆

http://urx.mobi/HR2b

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

スピードスケート女子団体パシュート金メダル。

 

 

手に汗を握るとは、このことであった。

 

日本は決勝で、オランダ相手にリードし、リードされ、最後逆転し、終わってみれば余裕の金メダル。

 

 

まさに日本!

 

一糸乱れぬ滑りで、世界中の日本人が感動した。

 

 

3分秒のドラマの中にあった4年間。

 

まじ泣けた。

 

 

この4人のチームについて、STRで分析をしてみた。

 

高木美帆…奇 □4 山 P31

 

高木菜那…奇 □4 地 D8

 

佐藤綾乃…夢 △4 金 D26

 

菊池彩花…学 □4 山 D3

 

 

高木姉妹と菊池が□4タイプ。

 

長期目標を必ず達成するのに向いているタイプ。

 

ペース配分がうまく、楽しみ方を知っている。

 

 

佐藤は△4タイプ。

 

職人気質で突き詰めるタイプ。

 

一番若いが3人に影響されず、自分のペースで極めるところまできた。

 

 

4人で適応値(バイタリティ)がずば抜けているのが高木美帆。

 

圧倒的な存在感と滑りでチームを引っ張った。

 

まさに相手に睨みを利かすことができる存在であった。

 

 

相性はどうであろうか?

 

高木美帆・菊池と菜那がライバルの関係。

 

切磋琢磨でき理解しあえる相性だ。

 

 

高木美帆・菊池が先生で佐藤が生徒の関係。

 

若い佐藤が二人から学べる相性は大きかった。

 

 

高木菜那が親で佐藤はこどもの関係。

 

□の強烈な追い込みの中で、△の佐藤はしんどいときも救われる相性は幸いであった。

 

 

高木美帆と菊池は友達の関係。

 

辛い毎日の鍛錬の中、理解しあえ、楽しめる関係は高木にとって支えとなった。

 

 

ナショナルチームの強化と言う名のもと、1年間に300日以上の合宿は遠征を共にするチームメイト。

 

ものすごい努力と持って生まれたセンスの他に、相性というものが作用したと言えるだろう。

 

 

いかがであろうか?

 

チームを分析してみると、良い要因、悪い要因も見えてくる。

 

解かれば、継続もできるし、対策も打てる。

 

ぜひあなたのチームも分析することをオススメする。

 

詳しく知りたい方はこちらから

STR診断(無料版)

 

 

「プロ野球の球団オーナーになろう!」STRビジネス交流会MALはこちら。

 

STRを学びたい、マスターしたい方はこちら。

 

STRラジオはこちら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆STRスコアを駆使して分析する組織コンサルティングサービス

◆帝王学チームビルドメソッドを身につけるSTRコンサルタント養成講座

 

ご興味がある方はこちらにご連絡ください。

 

一般社団法人STRコミュニケーション協会

 

僕に直接メールでお問い合わせ

shiwa@str.jp.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分と世界を幸せにしよう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧