ー第417球目ー 理と感ほど情はさっぱりしていない!の巻

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 脳を緑にすればすべてうまくいく! ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 帝王學STRは『自得』と『人間関係改善』
STRコミュニケーション協会 | 「自分と世界を幸せにしよう」STR(素質適応理論)の公式WEBサイト。世界一やさしい帝王学コミュニケーション・メソッドをお届けします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3タイプ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆帝王学と野球(ほぼ阪神ネタ)Kindle版はこちら◆

http://urx.mobi/HR2b

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

鳥谷敬の連続出場記録が終わった夜。

 

 

僕は甲子園球場にいた。

 

 

※歴代2位の1939試合である。

 

 

ライトスタンドでゲームセットの瞬間。

 

周りの人々は、ゲームに負けたことより、「鳥谷終わったね…。」と口々につぶやいた。

 

僕には、なんとも言えない空気感があった。

 

 

チーム事情や鳥谷自身の調子も含めて、いつ途切れるかは、みんな解っていたし、覚悟もしていた。

 

 

□タイプは理。

 

こんな日のために、□タイプの金本知憲監督は鳥谷と話を済ませていたので、ある意味予定通り。

 

 

□タイプのファンも残念と思うが「仕方ないよね」と思う。

 

 

○タイプは情。

 

解っていても、もう少し出して上げる工夫はできなかったのか?

 

○タイプのファンは、勝負の世界にも、過去から尊敬の念を込め、情けを持ち込んでしまう。

 

下手すると「気のきかんヤツらだ」とおかんむりの人もいるかもしれない。

 

実際、怒ってはいないが、僕もこう思った。

 

今日は出せるチャンスが2回合ったのに出さなかった。

 

「やっぱりやらんのか!」「情のない人たちだ…」と。

 

 

△タイプは感。

 

当の鳥谷もついに来る日が来たかと、しみじみ感はあるだろう。

 

しかし、それも今夜まで。

 

明日からまた新たにスタートを続ける切り替えの早さを持っている。

 

そして、また明日からは、新しいワクワクにチャレンジするのである。

 

 

いかがであろうか?

 

□タイプは薄情でもないし、○タイプは執念深くもない。

 

△タイプはわけわからんわけでもない。

 

 

しかし、違うタイプから見ればそう映ったりもする。

 

たいていコミュニケーションでうまくいかないのは、こういうところからである。

 

 

今回の鳥谷敬連続出場が途切れた夜を、阪神ファンや野球ファンの方はどう感じただろうか?

 

そして日常はどんなことが起こっているのだろうか?

 

詳しく人のタイプの違いを知りたい方はこちらから。

STR診断(無料版)

https://str-org.net/#/free

「プロ野球の球団オーナーになろう!」STRビジネス交流会MALはこちら。

http://www.malstr.biz/

STRを学びたい、マスターしたい方はこちら。

https://str-org.net/course

STRラジオはこちら。

https://www.youtube.com/channel/UCBzfY_nqbGMYQieqaBdBs8w

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆STRスコアを駆使して分析する組織コンサルティングサービス

◆帝王学チームビルドメソッドを身につけるSTRコンサルタント養成講座

 

ご興味がある方はこちらにご連絡ください。

一般社団法人STRコミュニケーション協会

http://str.jp.net

僕に直接メールでお問い合わせ

shiwa@str.jp.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分と世界を幸せにしよう。

タイトルとURLをコピーしました