【基礎】 教育者・指導者 扇動に乗るでない

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 脳を緑にすればすべてうまくいく! ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 帝王學STRは『自得』と『人間関係改善』
STRコミュニケーション協会 | 「自分と世界を幸せにしよう」STR(素質適応理論)の公式WEBサイト。世界一やさしい帝王学コミュニケーション・メソッドをお届けします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

脳を緑にすれば幸せな人生になる!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帝王学STRは『自得』と『人間関係改善』

https://strtao.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆帝王学STR講座日程はこちら◆

https://strtao.com/seminar

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆帝王学勉強会MAL(東京・大阪・名古屋・仙台・神戸)

https://malstr.biz/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ー第1095球目ー

 

ついに日本にも緊急事態宣言が出される。

 

この情報も捉え方次第で、良くも悪くも取れる。

 

今、日本国民の結構な数の人がワイドショーやバカ有名人の卑劣な扇動によって、自ら判断し、動けない人に成り下がってしまっている。

 

緊急事態宣言も文句はがりで、うまく使えない人が多くなるとすると残念でならない。

 

 

扇動とは、強い言葉で、弱き者の味方のフリして普通の人を弱体化させていく手法。

 

不平不満を庶民の味方とばかりに撒き散らし、結果として何かできる力もない。

 

バカの権化である。

 

巻き込まれた一般の人も至極迷惑。

 

 

ちょっと前に触れた若手、中堅の中途半端芸人さん達もその類なのだろう。

 

この子達の言うことは笑えないし正直言って気分が悪い。

 

 

思い出してみると、上岡龍太郎や島田紳助、松本人志は、言葉は強いが笑わせてくれて、考えさせてくれた。

 

ここに超一流と二流の差を見た。

 

 

二流は、答えを押しつける。

 

超一流は、答えをしっかり述べるが、考えるきっかけを与えてくれる。

 

 

今夜も僕自信の反省を込めて書いてみた。

 

あなたはどうかな?

 

 

阪神タイガースへの今日の直言。

 

「自分の信念を貫き、動いてみせる。」

 

 

◯タイプは、情緒的。

 

□タイプは、理性的。

 

△タイプは、感性的。

 

どれも強みで弱み。

 

陰陽で使いこなせ。

 

表現と行動も陰陽。

 

 

STRスコアが知りたい!

==================

自分の素質と能力を知る(STR ID)

https://id.strtao.com/

==================

 

習いたい方は!

=======================================

帝王学を学び役立てたい方、帝王学の先生になりたい方はこちらから。

https://strtao.com/qualification

=======================================

 

あなたと仲間の素質タイプを詳しく知りたい人はこちらから。

https://org.strtao.com/#/free

 

 

「プロ野球チームを持つための帝王学勉強会」

STRビジネスコミュニティMALはこちら。

https://malstr.biz/

 

STRを学びたい、マスターしたい方はこちら。

https://strtao.com/seminar

 

帰ってきたSTRラジオはこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=4pjO4uynb9s&feature=share

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆STRスコアで分析する組織コンサルティングサービス

◆帝王学チームビルドメソッドを身につける

 STRコミュニケーションオフィサー資格認定講座

 

コミュニケーションオフィサー(道医)に

興味がある方はこちらまで。

一般社団法人STRコミュニケーション協会

http://strtao.com

僕に直接メールでお問い合わせ

shiwa@strtao.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分と世界を幸せにしよう。

タイトルとURLをコピーしました