人財育成 育てるか鍛えるか

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 脳を緑にすればすべてうまくいく! ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 帝王學STRは『自得』と『人間関係改善』
帝王學STR Academia
「自分と世界を幸せにしよう」STR(素質適応理論)の公式WEBサイト。世界一やさしい帝王学コミュニケーション・メソッドをお届けします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人財育成

『脳を緑にすれば会社と組織は大成長する!』

 

帝王学を学び身につける講座

「コミュニケーションオフィサー資格認定講座」

https://strtao.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆帝王学と野球(ほぼ阪神ネタ)Kindle版はこちら◆

http://urx.mobi/HR2b

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー第809球目ー

 

矢野燿大監督のマネジメントが星野仙一監督に似ているという記事があった。

 

2人は◯タイプ。

 

その通りである。

 

 

◯タイプは情を大切に、人を育てる。

 

◯タイプの指導者や経営者には、ぜひマネをしてもらいたい。

 

 

□タイプにはマネして欲しくない。

 

記事を読んで、やってみようと思わないことだ。

 

□タイプは鍛えるタイプ。

 

ある意味、非常に徹した方がよい。

 

でないと、自分の脳が赤くなってしまう。

 

※脳が赤…イライラや怒りなどで脳のパフォーマンスが悪い状態。

 

△タイプは、そもそも感覚が優れているので、取り入れること、入れてはダメなことがわかっているので、大丈夫だろう。

 

自分にあった指導法やマネジメントを知ることから、指導者、リーダーの道は始まる。

 

相手のことは、それからでよい。

 

 

阪神タイガースへの今日の直言。

 

「何を言われようが、自分にあった方法を。」

 

指導、マネジメントされる側もさまざまなタイプがある。

 

しかし合わさなくて良い。

 

自分が思うところをそのままに、相手に伝わる伝え方を工夫するとが大切である。

 

 

この意味を理解できれば脳が緑を保つことができる善き指導者、リーダーになれる。

 

 

あなたのタイプは何であろうか?

 

詳しく知りたい方はこちらから。

https://org.strtao.com/#/free

 

帝王学を修得したい方はこちらから。

https://strtao.com/qualification

 

「プロ野球の球団オーナーになる!」

STRビジネスコミュニティMALはこちら。

http://www.malstr.biz/

 

STRを学びたい、マスターしたい方はこちら。

https://strtao.com/seminar

 

帰ってきたSTRラジオはこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=4pjO4uynb9s&feature=share

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆STRスコアで分析する組織コンサルティングサービス

◆帝王学チームビルドメソッドを身につける

 STRコミュニケーションオフィサー資格認定講座

 

コミュニケーションオフィサー(道醫)に

興味がある方はこちらまで。

一般社団法人STRコミュニケーション協会

http://strtao.com

僕に直接メールでお問い合わせ

shiwa@strtao.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分と世界を幸せにしよう。

タイトルとURLをコピーしました