【基礎】親 信じることの大切さ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 脳を緑にすればすべてうまくいく! ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 帝王學STRは『自得』と『人間関係改善』
帝王學STR Academia
「自分と世界を幸せにしよう」STR(素質適応理論)の公式WEBサイト。世界一やさしい帝王学コミュニケーション・メソッドをお届けします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

脳を緑にすればすべてうまくいく!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帝王學STRは『自得』と『人間関係改善』

https://strtao.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ー第1728球目ー

 

様々な価値観と能力を持ち、性格が様々である人間を統一し秩序を作り出すには何が必要か?

 

孔子はその基本を「信」に置いた。

 

「信なくば立たず」

 

実に難しい。

 

国家間は国益のために騙し合う。

政治の世界でも政治家は嘘をつく。

それは仕方のないことのようにも語られるし、そうであるとも感じる。

 

そんな中、僕たちはどうやって「信」を大切にすれば良いのか?

 

まずは「家族」の信から始めるしかない。

意識しなくても、それはできる。

でも、意識すればもっとできる。

 

親が子を信じる。

そうすれば子は親を信じる。

 

僕らはできているだろうか?

 

疑うときもあるだろう。

でも信じ切ることが大切である。

 

親を信じる。

子を信じる。

兄弟を信じる。

祖父母を信じ、孫を信じる。

 

きっとそうすれば友人や仲間を信じれる。

その延長線上に職場や社会の「信」につながる。

 

人の上にたつ者。

「信」を大切にすることが大切。

 

「信」なくば国は確立せず。

 

まずは親子、家族からの「信」でしか国は善くならない。

国の秩序は家族の「信」から。

 

正月3日目はこんなことを考えてた。

善き正月だ。

 

○タイプは信じたい、信じてもらいたい。

◻︎タイプは信じてもらえるようになる。

△タイプは信じるセンスを持っている。

 

阪神タイガースへの今日の直言。

「信じるにも人それぞれ。まずはリーダーから。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分のタイプを知りたい人はこちらから。

◆帝王學STR診断をする

https://org.strtao.com/#/free

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脳を緑にすればすべてうまくいく。

自分と世界を幸せにしよう。

タイトルとURLをコピーしました