ー第238球目ー 決断の決め手!の巻

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 脳を緑にすればすべてうまくいく! ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 帝王學STRは『自得』と『人間関係改善』
STRコミュニケーション協会 | 「自分と世界を幸せにしよう」STR(素質適応理論)の公式WEBサイト。世界一やさしい帝王学コミュニケーション・メソッドをお届けします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロ野球選手の評価は年俸である。

 

価値のある選手は年俸が高い。

 

契約更改、FA交渉では金銭的評価が重要である。

 

 

□タイプ選手はわかりやすい。

 

金銭的評価で決めるという一番シンプルな決断がしやすいでから。

 

そして、これは間違いではない。

 

 

しかし○タイプや△タイプ選手は、そうはいかない。

 

もちろん金銭的評価は基準となる。

 

でも、それを一番に決めてしまうと必ずしもパフォーマンスが出せなかったりする。

 

 

○タイプは、チームへの愛着と誰とやるかが一番のモチベーション。

 

△タイプは、自分に響く、自分が輝けるステータスでやるのが一番のモチベーション。

 

 

モチベーションが下がると、いくら身体能力と技術力があっても実力が発揮できない。

 

つまり成績不振に直結するので、結果として稼げなくなってしまうのだ。

 

 

○タイプの藤川俊介(阪神)は、チームへの愛着でFA行使せず契約した。

 

 

○タイプの脇谷亮太は、高橋由伸監督を胴上げしたくて、レギュラーをだった埼玉西武ライオンズから読売ジャイアンツにFA移籍した。

 

 

△タイプのイチローと松井秀喜は、絶対に日本球界に戻らない。

 

 

それは△タイプにとって、ステータスを下げてしまうからだ。

 

 

人それぞれの心の問題。

 

モチベーションはとくに大切なのである。

 

心・技・体。

 

どれがかけても生き残れない、活躍できないのがプロ野球の世界である。

 

 

あなたは日頃、仕事やプライベートにおいて、どんなことがモチベーションになっているのだろうか?

 

知りたい方はこちらから。

STR診断(無料版)

 

STRを学びたい、マスターしたい方はこちら。

 

STRラジオはこちら。

 

自分と世界を幸せにしよう。

タイトルとURLをコピーしました