【基礎】経営者・役員 落としどころ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 脳を緑にすればすべてうまくいく! ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 帝王學STRは『自得』と『人間関係改善』
帝王學STR Academia
「自分と世界を幸せにしよう」STR(素質適応理論)の公式WEBサイト。世界一やさしい帝王学コミュニケーション・メソッドをお届けします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

脳を緑にすればすべてうまくいく!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帝王學STRは『自得』と『人間関係改善』

https://strtao.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ー第1782球目ー

 

週末、勉強会に連日で出席。

主催者と勉強会の内容の落としどころ。

つまり答えについての話をした。

 

テーマがあって、その答えを落とす。

もしくはテーマそのものに見直すことがあり違うものを見つけていく。

 

どちらが良いのか?

 

僕が思うに、前者で組み立てて、後者になるのがベターだと思う。

 

勉強会にありがちなのが予定調和。

みんながスッキリ答え出して終わり。

 

一見収まりはいいが、それで終わってはもったいない。

 

時間も時代も流れている。

常に変化しているのだ。

 

勉強会であっても、変わる前提で今を見て、変化する準備が必要である。

 

あなたはどう思うかな。

 

○タイプは前提を大切にしたい。

□タイプは答えを明確にしたい。

△タイプは見つけたとしても、それはもう過去。

 

阪神タイガースへの今日の直言。

「変化に対応するために足腰がある。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分のタイプを知りたい人はこちらから。

◆帝王學STR診断をする

https://org.strtao.com/#/free

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脳を緑にすればすべてうまくいく。

自分と世界を幸せにしよう。

タイトルとURLをコピーしました