人財育成 教えるのか教えないのか?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 脳を緑にすればすべてうまくいく! ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 帝王學STRは『自得』と『人間関係改善』
帝王學STR Academia
「自分と世界を幸せにしよう」STR(素質適応理論)の公式WEBサイト。世界一やさしい帝王学コミュニケーション・メソッドをお届けします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆帝王学と野球(ほぼ阪神ネタ)Kindle版はこちら◆

http://urx.mobi/HR2b

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー第480球目ー 

 

テーチング、コーチング、アドバイジング。

 

まあ、いろいろと指導法はあるが、ケースバイケースである。

 

 

あと気をつけたいのが、全部一緒くたにしてしまう危険性があることだ。

 

人は違うとわかっていても勘に頼る事が多い。

 

実際、人の勘はとての偉大なのだが、調子が悪いと、勘がはずれエラいことになる。

 

 

僕たちは帝王学メソッドのSTRを使っているので、そのミスが極めて少なくなる。

 

勘+STRで、かなり正しいジャッジがしやすくなるのだ。

 

 

指導するとき、大きく分けてふた通りがある。

 

一つは答えは極力言わない方が良いタイプ(臨機応変型)。

 

一つは答えをある程度言った方が良いタイプ(単刀直入型)。

 

臨機応変型は、気づかせ考えさせた方がモチベーションがあがり成長しやすい。

 

少々まとはずれもあるが、我慢すれば、自分で伸びてゆくタイプ。

 

 

単刀直入型は、ある程度の答えは教えるが、鵜呑みにはせず自分で判断する。

 

考えないというリスクはあるものの、選択し試しながら工夫して伸びてゆくタイプ。

 

 

臨機応変型は、コーチング+アドバイジング。

 

単刀直入型は、ティーチング+コーチング。

 

 

これを軸に、自分の経験値を乗せて指導してみよう。

 

かなり効果が上がるであろう。

 

 

今日の金本監督への直言。

 

「強制して良い選手と、自主性を重んじる選手を分けて指導しよう!」

 

 

金本知憲監督は単刀直入型なので、やらせて、教えてなんぼのところがある。

 

合う選手には良いが、合わない選手は潰れてしまう。

 

 

掛布雅之SEAや矢野燿大二軍監督は臨機応変型。

 

自主性がでるようにモチベートしてから、鍛え上げる。

 

どちらがいいのではなく、人によるということである。

 

あなたも日々の指導で、偏っていることはないだろうか?

 

誰がどちらのタイプか詳しく知りたい方はこちらから。

 

STR診断(無料版)

https://str-org.net/#/free

「プロ野球の球団オーナーになろう!」STRビジネスコミュニティMALはこちら。

http://www.malstr.biz/

STRを学びたい、マスターしたい方はこちら。

https://str-org.net/course

STRラジオはこちら。

https://www.youtube.com/channel/UCBzfY_nqbGMYQieqaBdBs8w

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆STRスコアを駆使して分析する組織コンサルティングサービス

◆帝王学チームビルドメソッドを身につけるSTRコンサルタント養成講座

 

ご興味がある方はこちらまで。

一般社団法人STRコミュニケーション協会

http://str.jp.net

僕に直接メールでお問い合わせ

shiwa@str.jp.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分と世界を幸せにしよう。

タイトルとURLをコピーしました